コラム Column

お知らせ

歯に茶色い点がある?その原因と解決策について解説します!

アイキャッチ

年末が近づくと、気になっていた事を今年中に解決しておきたいと思われる方が増える傾向にあります。気になっていた事の例はいくつかあるかと思いますが、その中のひとつに歯の黄ばみや汚れが挙げられます。よく鏡を見ると歯の表面や歯と歯の間の所々に茶色い点がついている!歯を磨いてもフロスをしても取れない!とお悩みになられている方、その原因と解決策について詳しく解説していきます。

歯の茶色い点の正体は何か?

歯についている茶色い点には3つの可能性が挙げられます。
①コーヒーやタバコのヤニによる着色汚れ
②初期虫歯の状態
③詰め物の劣化による着色
の3つです。それぞれについて見ていきましょう。

①コーヒやタバコのヤニによる着色汚れ
これは習慣的にコーヒーをたくさん飲む方やタバコを吸う方に多い傾向にあります。コーヒーに含まれるポリフェノールやタバコに含まれるタールという物質が歯に付着します。付着した着色汚れは、付着後数日であればご自身のブラッシングなどでも落とすことが可能です。しかし、長時間経過すると、汚れと歯の表面のタンパク質が結びつき、ご自身のブラッシングでは落ちない汚れとなってしまいます。

②初期虫歯の状態
歯というのは毎日、脱灰と再石灰化を繰り返しています。お口の中に糖質が入ると、その糖質を分解して虫歯菌が酸を発生させます。この酸により歯の表面を構成するエナメル質の成分であるリン酸やカルシウムが溶け出します。溶け出した後は、溶けっぱなしではなく、唾液に含まれるリンやカルシウムで溶けた部分が修復されていきます。この修復される過程を再石灰化と呼びます。脱灰の量が増え、再石灰化が間に合わないと歯が溶ける量が増えて歯に穴が開きます。この穴が開く手前の状態が初期虫歯の状態であり、再石灰化が間に合わずに歯が部分的に白くなったり茶色くなったりします。この部分的な変化というのは歯の表面ではなく内側での変化になるので、物理的な除去(ブラッシング等での除去)は難しいです。

③詰め物の劣化による着色
詰め物が経年的に劣化し、特に歯と詰め物の境目あたりが部分的に茶色くなる状態です。詰め物の材料が年月とともに少しずつ劣化していき、歯と劣化した詰め物の境目に着色物が入り込むことで茶色くなります。この状態も②と同様にブラッシングでは除去が難しいです。

歯の茶色い点の解決策は?

①コーヒーやタバコのヤニによる着色汚れの場合
この原因の茶色い点の除去に有効なのは歯のクリーニングです。超音波スケーラーやエアーフローという特殊な機械を使用することにより着色汚れを落とす事が可能になります。歯のクリーニングの手法というのはクリニックにより違いがありますが、パールホワイトニングでは、超音波スケーラやエアーフローに加えて、汚れを除去した後に汚れが付着しにくくなるようにコーティング処理なども行います。
パールホワイトニングのクリーニングの流れについては次の記事をご参考にしてください。

https://pearl-whitening.info/column/column/861/

②初期虫歯の状態
初期虫歯の状態の場合は再石灰化を促す必要があります。フッ素塗布やさらに虫歯が進行するのを防ぐのにブラッシングに注意する必要があります。また、エナメル質表層から直下に存在するような茶色い点はホワイトニングをする事で薄くなっていく事があります。ただ、この場合は実際にはホワイトニングを継続してみないと分からないというのが実情ではあります。削って白い材料(レジンという)を詰めることもできますが、歯は一度削ってしまうと元には戻らないので、ホワイトニングを試してみる価値はあるかと思います。

③詰め物の劣化による着色
この場合は、詰め物を一度削り取り、新しく詰め直す必要があります。詰め直すタイミングとしては、ホワイトニングが終わり、ご自身の歯の部分が理想の白さになってから詰め物をやりかえてあげるのがベストです。色味が合わせ安いので、詰め替えた時の仕上がりがナチュラルになります。

いかがでしたでしょうか?ご自身の歯に付着している茶色い点は上記の3つのうち、どれに当てはまるでしょうか?ご自身での判断は難しいかと思いますので、歯科医師による診断を受けられることがおすすめです。パールホワイトニングではカウンセリングのみでのご来院も可能ですので、ぜひご活用ください。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

  • アイキャッチ お知らせ

    【お知らせ】 通常診療を再開致します

    • アイキャッチ お知らせ

      ホワイトニングのメンテナンスペース

      • アイキャッチ お知らせ

        芸能人は歯が命?

        • 歯の黄ばみ
        • メンテナンス
        • 矯正治療
        • セラミック治療

      人気記事

      • アイキャッチ

        口臭予防に効果的な舌ブラシの使用方法!動画で解説

      • アイキャッチ

        お口の中のケアに最適な施術:プロフェッショナルクリーニングの内容

      • アイキャッチ

        ホワイトニングの種類は?オフィスホワイトニングとホームホワイトニングそ…

      • アイキャッチ

        虫歯ってどんな病気?虫歯の予防には食べる物より食べ方が重要です

      • アイキャッチ

        歯の着色(ステイン)のケア方法

      新着記事

      • thumbnail-noimg

        歯がまだら?その状態エナメル質形成不全症かもしれません

      • thumbnail-noimg

        掲載情報

      • thumbnail-noimg

        毎日の習慣〜フロスを使った方が良い理由

      • thumbnail-noimg

        ホワイトニングで歯が脆くなる?

      • thumbnail-noimg

        20代の方がホワイトニングする理由

      まずはお気軽にご相談ください

      06-6743-4300

      ※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

      電話受付時間
      10時〜20時 土日・祝日も対応

      ネット予約・メール
      24時間365日受付対応