コラム Column

ホワイトニング

セルフホワイトニングで効果を感じなかったあなたへ

アイキャッチ

ホワイトニングに興味が出た時、まずはお試しでやってみようとセルフホワイトニングからスタートされてみるという方は少なくありません。しかし、「セルフホワイトニングに何回か通っているけれど効果を感じない」という方は案外多いものです。実はセルフホワイトニングで目指せる白さではご本人も周囲の方も白いと実感できる自然な白さには近づけない場合がほとんどです。
ではなぜセルフホワイトニングで歯を白くすることはできないのでしょうか?そのカラクリを詳しく解説していきます。

セルフホワイトニングで歯が白くならない理由

1.実際得られる効果と「白い」という表現の間にギャップがある

セルフホワイトニングで得られる効果は歯の表面の汚れが落ちることにより感じるものです。「汚れがついていた状態よりは白くなった」と感じるというものなので、歯の表面が汚れていた方は汚れが落ちたことにより白くなったと感じる場合があります。この汚れが落ちることで得られる歯の色味のことをセルフホワイトニングでは歯本来の白さと表現しているのを見受けますが、残念ながら歯本来の白さ=歯が白く見えるという訳ではありません。
歯本来の白さというのは汚れがついていない場合のもともとのご自身の歯の状態の色味のことを指しています。このもともとの歯の色味には個人差がありますが、日本人の平均の歯の色味自体がそもそもとして人から見ると黄色いと感じる場合が多いです。次の画像は歯のシェードガイドという歯の色見本です。黄色いお色味から白い色味に向けて明度順に20段階で並んでいます。

見ていただくとご理解して頂きやすいように日本人の平均の黄ばみの程度というのは「白い」と表現するのは少しオーバーかもしれません。また歯を白くしたいと思われる方に実際にシェードガイドを歯に当てて見て頂くと、8割以上の方が医療ホワイトニングで目指される白さを目指したいと仰られます。
ご自身が目指したい歯のお色味はどの辺りのお色味でしょうか?なりたい歯の色味によってセルフホワイトニングなのか医療ホワイトニングなのか選ぶホワイトニングの種類が変わります。

2.施術の直後は歯の表面が乾燥しているので一時的に白く見える

これは医療ホワイトニングでも同様ですが、施術直後は最も歯が白く見えます。理由は歯の表面に薬剤を塗布しライトを照射することにより歯の表面が一時的に乾燥するからです。歯の表面が乾燥している状態というのは唾液で歯が濡れている状態よりも歯が白く見える傾向にあります。この乾燥状態は施術後数時間で改善しますが、改善した後も医療ホワイトニングは歯自体に薬剤が直接作用しているので白さを実感して頂きやすいです。しかし、セルフホワイトニングでは薬剤が歯の表面の汚れに作用し、歯自体に作用している訳ではないので乾燥状態が改善すると施術前とあまり変化のない状態に戻ってしまうという場合が多いです。実際にセルフホワイトニングをご経験された方のお話では、直後は白くなったように感じるが直ぐに戻ってしまうので、週に1回ほどの頻度で通わなければならなかったという事をお伺いしました。

セルフホワイトニングと医療ホワイトニングの比較

実際セルフホワイトニングと医療ホワイトニングではどのような違いがあるのでしょうか?価格や頻度、メンテナンスなどで比較してみましょう。

セルフホワイトニングオフィスホワイトニング(医療)ホームホワイトニング(医療)
効果歯のもともとの色味自然で透明感のある白さ自然で透明感のある白さ
通院必要必要不必要
頻度
(白くしていく時期)
週に1〜3回2〜4週間に1回週に3回以上の使用
頻度
(メンテナンス)
2週間に1回程度3〜4ヶ月に1回程度月に2〜3回の使用
所要時間約30〜60分約60〜90分約30分〜2時間
価格相場1回3,000〜5,000円
通い放題サブスクタイプ
月額10,000 〜20,000円
1回15,000 〜50,000円20,000〜40,000円

いかがでしょうか?メンテナンス期間まで含めたトータルで考えるとセルフホワイトニングが安いとは一概に言えないかもしれません。

目指したい歯のお色味やご予算に応じて適切なホワイトニングを選んで頂けるのが患者様にとって最も良いと思います。パールホワイトニングではカウンセリングのみでのご予約も可能です。現状の黄ばみやご自身が目指したい白さを確認されてみたいという方はぜひご活用ください。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

人気記事

  • アイキャッチ

    口臭予防に効果的な舌ブラシの使用方法!動画で解説

  • アイキャッチ

    ホワイトニングの種類は?オフィスホワイトニングとホームホワイトニングそ…

  • アイキャッチ

    お口の中のケアに最適な施術:プロフェッショナルクリーニングの内容

  • アイキャッチ

    歯の着色(ステイン)のケア方法

  • アイキャッチ

    虫歯ってどんな病気?虫歯の予防には食べる物より食べ方が重要です

新着記事

  • thumbnail-noimg

    歯のクリーニングの必要性

  • thumbnail-noimg

    ホワイトニングとクリーニングは一緒に受けた方が良い?

  • thumbnail-noimg

    ホワイトニング用歯磨き粉を使用することのメリット

  • thumbnail-noimg

    海外から一時帰国中にホワイトニングできる?

  • thumbnail-noimg

    パールホワイトニング梅田院がオープンします

まずはお気軽にご相談ください

06-6743-4300

※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

電話受付時間
10時〜20時 土日・祝日も対応

ネット予約・メール
24時間365日受付対応