コラム Column

お知らせ

歯と歯の間の着色

アイキャッチ

よく鏡を見ると歯と歯の間がなんだか茶色くなっている。昔はこんなに茶色くなかったのに、と感じた事はありませんか?その茶色の着色には主に2つの原因があります。その原因とは?詳しく解説していきます。

歯と歯の間が茶色い原因

原因1 嗜好品(コーヒーや紅茶、ワインなどの着色やタバコのヤニ)の影響

普段からコーヒーや紅茶など着色の付きやすい飲み物を飲む方や喫煙をされる方は歯の表面だけでなく歯と歯の間にも着色が付きやすいです。また歯の表面に付着する着色汚れは比較的落ちやすいですが、歯と歯・の間に入り込んでしまった着色汚れはなかなか取り除きにくいのが実際です。なぜかというと、歯と歯の間というのは点接触しているのが正常であり、通常の器具や機械はこの点で接触している部分に入りにくく、この部分の着色を除去するには細かい粒子のパウダーを圧をかけてふきかけたり、もしくはホームホワイトニングなどで薬剤をゆっくりと浸透させ時間をかけて着色汚れを分解し除去する必要があります。

コーヒー

原因2 初期虫歯の状態

虫歯は、虫歯菌が出す酸で歯の表面が溶けることで進行します。初期の段階でこの溶けた部分にカルシウムなどが戻り、その部分が元に戻る再石灰が起こることがあります。この再石灰化の際に着色が同時に入り込むと茶色く見えてしまうことがあります。
このような部分は虫歯の初期の状態と診断されることもあります。早急な治療が必要なものではないですが、普段から注意深くケアすることが必要になります。

歯と歯の間の着色を除去するには

歯と歯の間の着色汚れを除去するには、歯のクリーニングやホームホワイトニングが有効です。しかし、前述したように歯と歯の間の着色は他の部分に比べると取り除きにくく、時間を要す可能性があります。また、虫歯による着色の場合には歯を削らないと着色を除去できないこともあります。
いずれにしても着色は放置期間が続くと、除去が難しくなっていきます。気になっているのであれば、早めの歯科医院への受診がおすすめです。

歯と歯の間の着色を防ぐには?

歯と歯の間の着色を防ぐには普段から着色が付きにくい状態に保つことが大切です。例えばコーヒなどを飲む時に口腔内が乾燥していると着色が付きやすい状態です。ですので、飲む前に口をゆすいだりまたはお水を飲んで乾燥状態を防いでから飲食するというのも対策のひとつです。また、歯と歯の間の汚れは歯ブラシのみでは取り除きにくいため、補助ケア用品としてフロスを使用することにより歯と歯の間が清潔に保たれ、着色の付着や虫歯も予防することが可能になります。

いかがでしたでしょうか?歯と歯の間の着色汚れは自分では除去できないため、気になられた際には歯科医院への受診がおすすめです。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

人気記事

  • アイキャッチ

    Youtube:舌ブラシの使い方

  • アイキャッチ

    プロフェッショナルクリーニングとは?

  • アイキャッチ

    ホワイトニングと矯正の順番

  • アイキャッチ

    歯の着色(ステイン)のケア方法

  • アイキャッチ

    歯科の知識:ホワイトニングの種類は?

新着記事

  • thumbnail-noimg

    歯が黄ばむ原因

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

  • thumbnail-noimg

    歯が灰色?テトラサイクリン歯とは?

  • thumbnail-noimg

    ブライダルお急ぎホワイトニングコース

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

まずはお気軽にご相談ください

06-6743-4300

※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

電話受付時間
10時〜20時 土日・祝日も対応

ネット予約・メール
24時間365日受付対応