コラム Column

予防歯科

肺炎と口腔ケアの関係性

アイキャッチ

皆さま、こんにちは。歯科医師の田中です。


日に日に寒さが増してきておりますね。御堂筋のイルミネーションを見て季節を感じている今日この頃です。


さて、本日は肺炎と口腔ケアの関係性についてお伝えをしていきたいと思います。


肺炎は日本人の死因第5位に相当します。(1位:がん 2位:心疾患 3位:老衰 4位:脳血管疾患)
最近では新型コロナウィルス感染での重症化による肺炎などニュースで耳にする機会も増えていますね。


そもそも肺炎とはどんな病気なのでしょうか?
鼻〜口〜肺の通り道を「気道」と呼びます。空気中には様々な細菌やウィルスがおり、それらは絶え間なく気道を行き来しています。肺炎はウィルスや細菌が、肺の中で増殖をはじめることで発症します。

通常健康な人ではウィルスや細菌が肺まで到達しないように、体の防御システムが働きます。


しかし、高齢者や基礎疾患(糖尿病や膠原病など)のある人は免疫力が低下しているため、この防御システムが上手く働かず肺炎を引き起こしやすいです。
また、ウィルスや細菌が喉の奥まで侵入した際に、異物と察知して吐き出す「咳」も加齢と共に衰えます。免疫力が低下している方のお口の中が汚れていると肺炎の発症リスクをあげる要因となってしまいます。


お口の中を清潔に保ち、細菌が体の中に入らないようにケアをしてあげることが重要です。

パールホワイトニング の口腔ケアはこちら

https://pearl-whitening.info/treatment/cleaning/


ぜひ、ご自分に合った口腔ケアを続けて見てくださいね。
長くなりましたが、最後までお読み頂いてありがとうございました。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

  • アイキャッチ ホワイトニング

    ホワイトニングによる相乗効果

    • 虫歯
    • 歯周病
    • タバコ
    • 口腔ケア
    • 歯ブラシ
    • メンテナンス

人気記事

  • アイキャッチ

    Youtube:舌ブラシの使い方

  • アイキャッチ

    プロフェッショナルクリーニングとは?

  • アイキャッチ

    ホワイトニングと矯正の順番

  • アイキャッチ

    歯の着色(ステイン)のケア方法

  • アイキャッチ

    歯科の知識:ホワイトニングの種類は?

新着記事

  • thumbnail-noimg

    歯が黄ばむ原因

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

  • thumbnail-noimg

    歯が灰色?テトラサイクリン歯とは?

  • thumbnail-noimg

    ブライダルお急ぎホワイトニングコース

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

まずはお気軽にご相談ください

06-6743-4300

※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

電話受付時間
10時〜20時 土日・祝日も対応

ネット予約・メール
24時間365日受付対応