コラム Column

ホワイトニング

市販のセルフホワイトニングと歯医者のホワイトニングの違いとは

市販のセルフホワイトニングと歯医者のホワイトニングの違いとは

ホワイトニングには、歯医者で行うものもあれば、簡単に自宅でできるキットもあります。
今回はホワイトニングの種類とそれらの違いについてご紹介をしていきます。

それぞれのホワイトニングの特徴や施術方法を知った上で、ご自身が求めているホワイトニングを実現させてください。

市販のセルフホワイトニングとは

まず、市販されているホワイトニングについてです。

市販のホワイトニングは「セルフホワイトニング」と呼ばれることが多いです。

歯を白くする成分が入った歯磨き粉やマウスウォッシュ、マウスピースをつけてLEDライトを照射することで汚れを浮かすことのできるキットなど、さまざまな商品が存在しています。

いずれの商品も「歯を白くする」ことが主な目的とされていますが、正しく使用できていなければ白さを手に入れることは難しいでしょう。

また、薬機法に準じて国内で市販されているホワイトニングに使用する薬剤も制限がかかっているため、歯医者で行うホワイトニングと比べると効果が弱くなります。

一方で、市販のホワイトニングはドラッグストアなどでも売られていますので、いつでも気軽に始めやすく、かつ安価なものが多いのも特徴です。

セルフホワイトニングの歯磨き粉

セルフホワイトニングの施術について

セルフホワイトニングには、前述の通りさまざまな種類があります。

今回はその中でも特にメジャーな商品である「歯磨き粉」「マウスウォッシュ」「マウスピース」についてご紹介していきます。

※商品によって細かな使用方法は異なりますので、必ずその商品の使用方法や容量を守ってください。

市販の歯磨き粉

ホワイトニング用の歯磨き粉の特徴としては、歯の着色汚れ(ステイン)を除去することで、白さを持続させることが期待されるという点です。

着色汚れの原因としては、コーヒーや緑茶、ワイン、カレーといった日々の食事で口にするもの、あるいはタバコなどが挙げられます。
長年蓄積した汚れはなかなかブラッシングだけでは取り除くことは難しいとされていますが、着色してまだ日も浅いような場合や、しつこく着色していない場合はこの歯磨き粉を用いることで元の歯の白さを取り戻せるケースもあります。

ブラッシングする際のポイントとしては、歯ブラシを濡らさずにそのままの状態にホワイトニング用歯磨き粉をつけ、歯全体に歯磨き粉が行き渡るようブラッシングすることです。
水で濡らすと歯磨き粉が泡立ち過ぎてしまい、白くなる成分も途中で吐き出さないといけなくなるので効き目が半減する恐れがあるので、なるべく濡らさず丁寧にブラッシングしてください。

一方で、白くしたいからといって強い力でかつ磨きすぎると、歯の表面のエナメル質が傷ついてしまい、汚れが付着しやすい歯になってしまうこともあるので、無理に磨きすぎることはおすすめしません。

市販のマウスウォッシュ

マウスウォッシュの一番の目的は、汚れが付きづらくすることです。

そのため、白くしたいことが一番の目的である場合、マウスウォッシュを使用だけではあまり効果は期待できないでしょう。

マウスウォッシュは、ホワイトニング用の歯磨き粉で歯を磨いた後に使用することで、磨いて汚れを取り除いた歯に、新しい汚れや菌を付着させることを防ぐことができます。
よって、歯磨き粉とマウスウォッシュの併用によって、白い歯を維持しやすくなる口腔環境が整います。

また、汚れや細菌が口腔内に残ることを防いでくれるため、口臭予防にも非常に効果があるのがマウスウォッシュの特徴です。

マウスピース

ホワイトニング用マウスピースは、マウスピースの内面に薬剤を塗布し、それを直接歯に当てることで歯を白くするということが目的です。
歯磨き粉やマウスウォッシュと比べ、比較的長時間歯に薬剤がついているため、市販のホワイトニングの中では最も効果を見込めると言えます。
商品によっては、マウスピースをつけると同時にLEDを照射することでより白くなる効果を高めるといったものもありますが、あくまでも歯表面の汚れがきちんと落とされていることが前提となります。

まずは歯の表面の汚れを歯磨き粉やマウスウォッシュを使用してきちんと落とした上で使用するようにしてください。

また、一度の使用で30分以上は薬剤をつけっぱなしになる商品が大半ですので、何か用事があるときには使用する時間やタイミングを考えてからホワイトニングを行うようにしましょう。

歯科医院のホワイトニングとは

ここまで市販のホワイトニングアイテムについてご紹介をしてきましたが、歯医者のホワイトニングとは一体どういったものなのか、市販との違いは何かについてご紹介をしていきます。

歯医者のホワイトニングには、大きく分けて2種類の施術方法があります。
一つ目は歯医者に通院をして行う「オフィスホワイトニング」。
もう一つは、歯医者から処方された薬剤やマウスピースを使って自宅でホワイトニングを行う「ホームホワイトニング」です。

どちらのホワイトニングに関しても、まずは自身の歯の状態をチェックした上で施術が開始されます。
歯科医師だから取り扱いできる過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤を配合した薬剤を処方してもらえることで、より確実に白さを手に入れることができるといった点が歯医者のホワイトニングの特徴です。

一方で、歯医者でのホワイトニングは自費治療となりますので、保険は効きません。
安く気軽に試してみたいだけだという方には少しハードルが高くなってしまうかもしれませんが、歯医者によってホワイトニングの値段も変わりますのでまずは費用をチェックしてみると良いかもしれません。

ホームホワイトニング用品

歯科医院のホワイトニングの施術について

歯医者でのホワイトニングについては、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類がありますが、まずはどちらのホワイトニングでも歯の状態のチェックは欠かせません。

歯のチェックを行った上で、虫歯や歯肉炎がある場合は薬剤が染みたり効果が薄れてしまうことがありますので、その治療を先に行うこともあります。

また、歯の白さについても相談をしながら決めていくことができます。

「白過ぎて違和感がある」
「思ったほど白くならなかった」
といった、理想とのギャップが生まれることが少ないです。

歯科医師と相談の上で理想の白さに合わせた薬剤を処方してもらえるので安心感があります。

オフィスホワイトニング

歯の状態のチェックや理想の色を決めたあと、オフィスホワイトニングでは歯医者に何度か通って歯科医師や歯科衛生士に施術をしてもらいます。
歯が白くなる実感を早く得やすいので、すぐに白くしたいという人にはおすすめの施術方法です。

最近では完全予約制の個室で施術を行うことができる歯医者も多く、歯医者にいくというよりも美容サロンに足を運ぶような気分でゆったりと施術ができるようなところもあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅でホワイトニングを行うことができるので、日々仕事が忙しく歯医者に足を運ぶ余裕がない人におすすめです。

「家で行うホワイトニングだったら市販のものとあまり変わらないのでは?」
という風に思う人もいるかもしれませんが、歯医者でしか処方されない漂白作用の強い薬剤を使えたり、自分の歯にあったマウスピースを使用できるので、非常に高い効果が期待できます。

オフィスホワイトニングと同様、まずは歯の状態や白さを決めた後に、自分の歯にあったマウスピースを作成します。
自分の歯の形に合わせたマウスピースで施術ができるため、色むらなども出にくいのがポイントです。

作成したマウスピースに処方され薬剤を流し込み、1時間〜2時間ほどマウスピースを装着することでホワイトニングをしていく流れになります。

それぞれのホワイトニングのメリット・デメリット

市販のホワイトニングと歯医者のホワイトニングについてご紹介をしてきましたが、これらを比較した時のそれぞれのメリットとデメリットについて整理をしてみました。

市販のホワイトニング メリットとデメリット

メリット
まずはなんといっても安価で気軽に始めることができるという点です。
また、歯医者に足を運ぶこともないので始めたいと思ったらすぐに手にとって始めて見ることができるのは市販のホワイトニングの良さでしょう。
また、さまざまな種類のホワイトニング用キットが用意されているので、色々試しながら自分の歯にあった商品を探していくのも楽しいかもしれません。


デメリット
確実に歯を白くしたいという方には、その期待に応えられる商品になかなか出会えない、あるいは薬剤が弱くて白くなりづらいといった不満をもってしまうかもしれません。
まずは歯の歯石を取り除く必要があったり、虫歯や歯肉炎がある場合もありますので、そういった他の要因によてうまくホワイトニング剤が機能しない場合があるのが懸念点です。

歯医者のホワイトニング メリットとデメリット

メリット
歯医者で行うホワイトニングは、歯の状態をチェックした上で薬剤や施術方針を決定していくため安心・安全です。
自分の歯の悩みや理想の白さに合わせた施術が可能なため、歯の白さも理想な白さを得られやすいのが一番のメリットです。

また、その人のライフスタイルに合わせてオフィスホワイトニングかホームホワイトニングかも選ぶことができます。
早く歯を白くしいたい方で通院の時間に余裕がある方にはオフィスホワイトニングがおすすめですし、通院の余裕はないけれど、自分のペースで確実に白くしていきたいといった方にはホームホワイトニングが合っています。
白さの持続性が高く、定期的な歯の健康チェックの機会が作れるのも歯医者のホワイトニングならではの魅力でしょう。

デメリット
デメリットとしては、自費治療になるため、ホワイトニングにお金をかけられない人には少しハードルが高いものとなってしまいます。
ホワイトニングがより身近なものになっていることで、とりあえず興味を持って始めてみたいという人は多くいらっしゃるかと思います。

まずはお試しがてらホワイトニングがどんなものか経験してみたいという方なら、市販のマウスピースと薬剤、歯磨き粉などから始めて見て様子を見るのも良いかもしれません。

また、一度ホワイトニング施術を開始すると並行して虫歯治療や歯周病治療はできないので、治療する順序を間違えないようにしましょう。

ホワイトニングのメリット・デメリットの図

本気で歯を白く健康にしたいなら、歯医者のホワイトニングを

以上、市販のホワイトニングと歯医者のホワイトニングについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説していきました。

あなたがどういった目的でホワイトニングをしたいのか、どういった白さを希望し、どれくらいの期間その白さを継続させたいのか、予算は何円くらいを考えているのかなどによって、おすすめできるホワイトニングは異なってきます。

しかし、どのホワイトニングにおいても共通して言えるのは、単に歯を白くして終わりではなく、そもそもの歯の健康状態を良好に保つことが最も大切なことだということです。
何かしら歯にトラブルを抱えていると、市販のものでも歯医者のものでも効果は得づらいです。

まずは歯や歯茎の健康状態を知ることは、今後の口腔環境を良好に保つためには必要不可欠です。

あなたが本気で歯を白くし、そして健康な口腔状態を目指しているのであれば、ぜひまずは歯医者に足を運ぶことをおすすめします。

その上でホワイトニングをしても良い歯かどうかを確認してもらい、あとは予算感や求める白さやその期間などを歯科医師と相談してみてはいかがでしょうか?

あなたがせっかくホワイトニングに興味をもったのであれば、後悔のない方法を選んで、白く健康な歯を確実に手に入れましょう。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

  • アイキャッチ クリーニング

    クリーニングとホワイトニング、どう違うのか知っていますか?

    • プラーク
    • ブラッシング
  • アイキャッチ クリーニング

    歯の着色(ステイン)のケア方法

    • 歯磨き
    • 着色
    • ステイン
    • タバコ
  • アイキャッチ ホワイトニング

    ホームホワイトニングとセルフホワイトニングってどっちがいいの?

    • デュアルホワイトニング
    • オフィスホワイトニング
    • ホームホワイトニング
    • セルフホワイトニング

人気記事

  • アイキャッチ

    Youtube:舌ブラシの使い方

  • アイキャッチ

    プロフェッショナルクリーニングとは?

  • アイキャッチ

    ホワイトニングと矯正の順番

  • アイキャッチ

    歯の着色(ステイン)のケア方法

  • アイキャッチ

    歯科の知識:ホワイトニングの種類は?

新着記事

  • thumbnail-noimg

    歯が黄ばむ原因

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

  • thumbnail-noimg

    歯が灰色?テトラサイクリン歯とは?

  • thumbnail-noimg

    ブライダルお急ぎホワイトニングコース

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

まずはお気軽にご相談ください

06-6743-4300

※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

電話受付時間
10時〜20時 土日・祝日も対応

ネット予約・メール
24時間365日受付対応