コラム Column

予防歯科

噛むことで増える幸せホルモン『セロトニン』

アイキャッチ

皆様こんにちは。パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック歯科医師の田中久弓です。

今日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。


さて、本日は幸せホルモン『セロトニン』と噛むことの関連性についてお伝えをしていきます。


この『セロトニン』とは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られたり、心のバランスを保つことが難しくなります。セロトニンの不足は、ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因になりうることも知られています。また、セロトニンは精神面だけではなく、消化や排便、体温調節など、体の様々な働きに関わっています。


このセロトニンは意識的に増やすことができるとされています。
その方法は、
・ 太陽の光を浴びること
・ 軽いリズミカルな運動
・ 噛むこと(咀嚼)


ウォーキングやスクワットなどの一定のリズムを刻む運動を反復して行うと、セロトニンの分泌が高まります。セロトニンの分泌はリズム運動を開始して5分程度からスタートします。徐々に濃度が高まり、20〜30分でピークに到達し、その状態が2時間ほど続きます。なので、食事をする際には良く噛み、20分以上時間をかけることがポイントです。また、ガムを噛むということもリズミカルな動作を継続するため、セロトニンの分泌に有効といえます。


普段の生活の中で、少し工夫を加えると幸せホルモンの分泌が増します。
最近ではお家でゆっくりとお食事をされる方も増えてきているのではないでしょうか?
ぜひ、『リズミカルに噛むこと』にも意識を向けてみてくださいね。


長くなりましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

パールホワイトニングの
人気メニューはこちら

オフィスホワイトニング
+クリーニング

黄ばみが気になる方や口内のケアをしながら短期間で白くしたい方におすすめ。
歯磨きでは落とせていない汚れをケアすることで健康的な白く美しい歯に。

白い歯を見せる女性 詳しくはこちら

オフィスホワイトニング

短期間で歯を白くしたい方や大切なイベントを控えている方におすすめ。
歯科医師が最初から最後まで施術するホワイトニングです。

シェードガイドをあてる女性 詳しくはこちら
コラムを執筆した先生
コラム執筆者

パールホワイトニング肥後橋デンタルクリニック院長 歯科医師 田中久弓

済生会中津病院口腔外科勤務後、一般歯科医院にて診察を行う。2017年から全国の歯科医院にホワイトニングの技術を教える講師が運営する、ホワイトニングサロンBeauteでホワイトニング専門歯科医師として勤務。2019年にパールホワイトニング肥後橋デンタルクリニックを開院し、「ホワイトニングが当たり前の世の中にする」ために活動しています。

関連記事

記事が見つかりませんでした。

人気記事

  • アイキャッチ

    Youtube:舌ブラシの使い方

  • アイキャッチ

    プロフェッショナルクリーニングとは?

  • アイキャッチ

    ホワイトニングと矯正の順番

  • アイキャッチ

    歯の着色(ステイン)のケア方法

  • アイキャッチ

    歯科の知識:ホワイトニングの種類は?

新着記事

  • thumbnail-noimg

    歯が黄ばむ原因

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

  • thumbnail-noimg

    歯が灰色?テトラサイクリン歯とは?

  • thumbnail-noimg

    ブライダルお急ぎホワイトニングコース

  • thumbnail-noimg

    掲載情報

まずはお気軽にご相談ください

06-6743-4300

※上記の電話番号を押すと発信画面に切り替わります。

電話受付時間
10時〜20時 土日・祝日も対応

ネット予約・メール
24時間365日受付対応